読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつだってマイナス

手取り17万の貧乏アラサー女の奨学金返済記録。

婚活の手段は色々

婚活

婚活仲間の女性とたまにパーティーやネット婚活のことを話していて
結局どの手段がいいの?という話になるのですが
どれも似たようなものだし、実際の所結婚したきっかけになった所が
その人にとっての最適な手段になるだけだから全部やってみればいいというのが私の持論です。

奨学金を抱えている女性の方に限定して言えば
負債もちゃんと申告できる婚活サイトorアプリがいいと思っています。
マイナス要素を後出しするしんどさは相当なものだし、もしダメだった時は時間の無駄になるので・・・。

パーティーでもその他の欄とかに書いておけばいいかもしれないけど
短時間だとそこまで確認してくれる人がいるのかどうか・・・私は穴が開くほどガン見してましたが。
私のような常連人間なら細かく見てるだろうけど、
そういう人がいいかどうかは・・・・お察し(・ω<)


さてさて、相変わらずブログのネタがないので私の婚活の履歴でも書いてみようと思います。
私は旦那と会うまで相談所やパーティー、ネット婚活をやっていました。
婚活アプリはリア充っぽい人が多そうなのと、
人生が黒歴史すぎる私はフェイスブックをやってないし、
やったとしても友達の少なさがバレたらドン引きされそうなので除外です。
合コンは友達がいないので行ったことがありません。書いてて悲しくなって来た。

結婚相談所(〇ヴァイ)

伏字の〇に「リ」を入れたくなるのはオタクの宿命か。

婚活を始めるぞー!と思い立って一番初めに飛びついたのがここでした。
相談所で検索してたらここの若年層向けの安いプランがあったので話を聞きにいく→おばちゃんにゴリ押しされて契約という流れ。

今思うと奨学金の返済もあるのに毎月高い会費を払うなんて狂気の沙汰だったと思います。
登録してる人の年齢が高めなのと、相談所は割りと早い段階で結婚を希望してる方がほとんどだと思うので
奨学金があるのはマイナスにしかならないと思います。
プロフィールに負債を書く欄はありませんが、いざ結婚となった時に言い出しにくそう。
家族構成と家族の職業もプロフィールに載ってるし、底辺家庭出身者には厳しい。
非正規だけど裕福なお嬢様みたいな人の写真が支店にどーんと貼ってあってコレジャナイ感を後から感じた・・・。
家柄普通、職業普通、顔も普通以上の人向けだと思っています。

彼氏が出来て退会する前にアニメとか漫画で検索して来た人からそこそこ申し込みがありました。
趣味検索で一か八か賭けるのもありなのか・・・それにしても年齢層が高かった・・・。

婚活パーティー

一般人向けのエクシオとかオタク向けのアイムシングル、アエルラ。
年齢によっては参加できない回も出てきたりするので少しでもスペックがいい人を探したいのなら
若いうちに動いたほうがいいと思います。
年齢層が高いパーティーになればなるほど変な人率が上がるという話はよく聞きますし。

ネット婚活

オタク向けのアエルネしかやっていませんが
負債欄があったので奨学金のことを公表できるのが良かったです。
似たような趣味・価値観のオタクを探せるのも良かった。


気が向いた時にパーティーとネット婚活の部分を更新するかも。
しないかも。

広告を非表示にする